進路指導

GUIDANCE COUNSELING

「行ける志望先」でなく「行きたい志望先」のために

Point 1

Point 1

「顔が見える」進路指導

Point 2

Point 2

卒業生のアドバイス

Point 3

Point 3

講習は希望者全員に

高1~高2は「夢」「可能性」を考え、実力をつける時期

「夢」「可能性」を広げるための選択肢を知る

「夢」「可能性」を広げるための選択肢を知る

家政学院に、大学や短大、専門学校の先生を招いた授業や説明会を実施。
講義はもちろん、調理実習や動物が来校する授業もあります。
学年全体で大学見学へ行き、キャンパス見学だけでなく学食体験をすることも。

「夢」の実現に必要なもの・方法を考える

「夢」の実現に必要なもの、方法を考える

生徒の心に一番響くのは、先輩たちのアドバイス。
卒業生に大学生活や授業、受験勉強のポイントを聞きます。

「可能性」を高めるために、基礎学力を養う

「可能性」を高めるために、基礎学力を養う

年間を通じて、5科で講習を実施。希望者全員が受講できます。
小論文にも3年間取り組み、文章力を養います。

高3では一人一人の入試にあわせ、「顔が見える」進路指導を

一人一人行きたい志望先が違うように、入試で必要な対策も生徒によってさまざま。
担任・進路指導係が中心となって、ほぼ毎日、クラスのだれかと面談を行っています。

推薦入試・AO入試

志望理由書対策講座
入試対策小論文講座
面接マナー講習
校長先生との模擬面接

一般入試

受験英語講習
長期休暇中の講習
※一般入試希望者向け

担任とは、いつでも、とことん実施!

進路についての面談
志望理由書、小論文の添削
面接練習

進路相談で見るのは、「顔」だけじゃない

進路相談で見るのは、「顔」だけじゃない

生徒一人一人に「進路カルテ」を作成。
一人一人の定期テスト・実力テスト、志望進路を高1~高3まで記録したものです。
担任はカルテを見ながら二者面談・三者面談を行います。

「相談したい」と思った場所で、面談が始まる

「相談したい」と思った場所が、面談場所になる

職員室前の「ちょっと質問コーナー」では、授業の質問から進路相談までOK。
相談したいときに、相談したい先生とじっくり話せるのが家政学院の特徴です。

進路について考えるなら、まず「キャリアサポートセンター」へ

進路について考えるなら、まず「キャリアサポートセンター」へ

進路達成のために生徒が通う部屋「キャリアサポートセンター」。
各大学のパンフレットや職業についての本がそろっています。

進路について考えるなら、まず「キャリアサポートセンター」へ

自習スペース。PC(もちろん生徒が自由に使用OK!)や
大学の過去問題集・赤本、参考書、模試の過去問題集も揃っています。
下の写真は卒業生が在校生のために残してくれた参考書。

本校卒業生のチューターから、進路相談、受験勉強、学校生活などの悩みを、
生徒と同じ目線でアドバイスを受けることができます。

アクセス

生徒からの学校紹介